top of page
ホーム: ようこそ!

こころみ

心と身体の幸せのための新たな挑戦の試み

サイトにお越しいただきありがとうございます。当社は分子化学と半導体テクノロジーから生まれた簡便な生体分子センシング技術により、たとえば人や動物のストレスをすばやく正確に把握して心と身体の健康をもたらすことを目指しています。ぜひこのサイトで私たちのテクノロジーの一端をご覧ください。さらに詳しい情報のご要望はサイトに直接ご連絡ください。

幸せな家族
ホーム: 私たちについて
210106w_0090.JPG

弊社プロフィー

株式会社こころみは、早稲田大学逢坂・門間研究室(応用物理化学部門)で開発されたバイオセンサ技術をもとに、早稲田PoCファンドプログラムの支援を受けて設立されたスタートアップ企業です。現在、門間研究室との連携により最先端の分子センシング技術開発に取り組むとともに、人々に役立つバイオセンシングを提供するため、市場ニーズ、ユーザーの習慣や動向の調査にも力を注いでいます。

当社は、シリコン半導体を用いた集積バイオセンシングテクノロジーによって誰もが簡単に身の回りにあるバイオマーカーを検出できるデバイスを提供することで、人や動物の健康に役立つことを目指し2022年に設立されました。生命科学と応用化学、エレクトロニクス・情報技術のエキスパートの協力により、新たなバイオセンシング市場開拓のリーダーとなる努力を重ねております。

ホーム: 弊社のテクノロジー

​皮膚貼り付け型センサ参考文献1

英日1.png

​バイオセンサのしくみ参考文献2

テクノロジーのご紹介

株式会社こころみは、特定の生体分子を捕捉するタンパク質や核酸を半導体チップに均一な分子膜として固定化したバイオセンサにより、繰り返し何度もその生体分子の濃度を測定する技術を提供することを目指しています。

たとえば、ストレス関連物質の濃度を唾液や汗から測定するセンサは家庭や職場での簡便なストレスチェックを可能にするだけでなく、ペットや牛などの動物の気持ちを理解する手助けになります。左下の写真は、汗のイオン濃度を測定するために開発したナノシート利用の貼り付け型センサのデモンストレーションの様子です。

また、ウイルスや食物アレルゲン、血中の抗がん剤濃度など医療と健康に役立つ各種分子マーカーの簡便な検査技術の開発にも取り組んでおります。

参考文献

  1. 大橋啓之,逢坂哲彌,「皮膚貼り付け型のバイオセンサ」,表面技術,74 (1), 43-47 (2023)

  2. 黒岩繁樹,大橋啓之,逢坂哲彌,「電界効果トランジスタを用いたバイオセンサの展開」,電気化学,88 (4), 317-325 ( 2020).​​

ホーム: 概要
IMG_2771.JPG

会社概要

社名:株式会社こころみ

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田一丁目22番3号

​法人番号:5011101098570

設立:2022年4月

​資本金:990万円

早稲田大学アントレプレナーシップセンター​コミュニティ会員

業務内容

・バイオセンサおよびその関連システム、

    デバイス、製造プロセス、材料などの

    技術提供と研究開発支援、受託研究

・研究機関、医療機関、医療・健康分野の

    企業などに向けたバイオセンサおよびそ

    の関連システムの試作、販売、バイオセ

    ンサによる測定サービス

ホーム: スタッフ紹介
210106w_0130.JPG

メンバー紹介

2024年4月現在

Ohashi_edited_edited_edited.jpg

代表取締役社長

Kuroiwa_edited_edited_edited_edited.jpg

チーフサイエンティスト

ホーム: お問い合わせ

お問い合わせ

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-22-3
早稲田大学アントレプレナーシップセンター12室

送信が完了しました。

bottom of page